困難だったファイル除去(手用NTファイル破折症例)|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

困難だったファイル除去(手用NTファイル破折症例)

投稿日:2015年1月9日

カテゴリ:院長ブログ

DB37727_141215110815(調整後)

MB根の治療を依頼頂き、治療開始。。

プレカーブを付けた#8のC+ファイルが全然バインドしない・・・

 

しかし、紹介頂いた手前、何が何でもこの直角根管(ステップも)乗り越えねば・・・と思い、プロテーパーの手で、使うやつにプレカーブつけて、トライすると・・・

 

良い感じにバインドしてきたのでルンルンしながらターンアンドぷるしてましたら・・・

 

あ・・・

 

DB37727_141222121411(調整後)

すげーとこで折ってしまった

格闘すること1時間・・・

HB377_150109120424(調整後)

折れたところが微妙にプレカーブしている(笑)

NTの形状記憶はすごいですね~

患者さんには、正直に折れたこと伝えました。

こういうのは、すぐにお伝えして、問題が無いことをわかってもらうのが大事です。

あー、でも取れてよかった・・・(´・ω・`)

トップへ戻る