原因不明の歯の痛み|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

原因不明の歯の痛み

投稿日:2018年7月11日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

とくに虫歯は見当たらないものの、歯髄炎の症状があったため、インレーを取ることにした症例です。

神経に到達するクラックが!!

 

クラックは厄介です。

AAEのガイドラインでは予後は不良。

最悪抜歯にいたることも多いです。

このケースは一先ず抜髄(神経を取る)という処置を選択しました。

 

クラックの診断ですが、

トゥーススムースという棒を咬頭ごとにかんでもらい、離した瞬間に痛みが強いとクラックのケースが多いです。

もしくは照射機で色々な角度から照らし、マイクロで観察する、トランスイルミネーションテストも有効です。

染色は補綴物を外せるときは有効です。

 

以前、クラックトゥースシンドロームと呼ばれていましたが、Path way of the pulpによると、シンドロームとは症候群をさすが、クラックはあくまで歯の状態をさすのでシンドロームと呼ぶべきではないということが書かれています。

 

原因不明な激しい痛みが多いこの疾患なのでシンドロームと呼びたくなるのもわかります。

トップへ戻る