下顎大臼歯の歯根端切除後|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

下顎大臼歯の歯根端切除後

投稿日:2017年5月3日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

PBN1586_160513183807(調整後)

下顎の6に大きな病変があり、症状も強かったので、根管治療を行った症例です。

DB158646_160831190633(調整後)

根充後。

マイクロスコープを使い、しっかり根管治療をすると、80%くらい再治療でも治ります。

マイクロが無いと、Gorni曰く、①病変があり、②再治療である

場合、30%程度の成功率。(専門医がやっている)

ちなみに、病変がない、再治療の場合、抜髄と変わらないくらいの成功率です。

 

さて、脱線しましたが、20%くらいは私が全力を出しても治らないケースがあります。

しかし、私は現在、費用を多くいただいて根管治療を行っているので、

「はい、ダメでした」

では許してもらえないのです。

で、

DB158646_161114200658(調整後)

歯根端切除をしました。

詳しくは、別の機会にお話しますが、

歯根端切除はマイクロなしでは60%くらいの成功率ですが、マイクロがある場合、96%くらいうまくいきます。

DB158646_170501161026(調整後)

めちゃ治りましたね(^^♪

下顎大臼歯は右側が鬼門です。

詳しくは、金曜の勉強会で!!

 

次回は26日21時~

演題:スーパーテクニックより大事な診断能力

柳沢先生もしゃべってくれますので、皆様よろしくお願いします

 

トップへ戻る