上6のバリエーションはホント多い・・・|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

上6のバリエーションはホント多い・・・

投稿日:2017年9月12日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

先日、MB2のお話をしましたが、

 

DSC03695

DSC03692B根根先で2本に分かれている

DSC03694P根

という、太目の2根というケースもあります。

7番は多いですが、6番では激レア。

この方、もう1本あるはずとずーっと前の歯医者さんが頑張り続け、月日はめぐり半年がたち、当院に転院されました。

4本もあるし、2本もある。

柳沢先生は5本の歯もたまに見ると言ってましたね(^^♪

まあ、何本だろうが、やることは

ラバーダムして、感染除去し、再発しないようになるべく緊密に充填をする。

これにつきます。

ラバーダムしないと、治療しながら感染しますし、仮蓋の期間が長いとやっぱり感染しますし、マイクロがあったほうが、汚いところをバシバシお掃除できますし、マイクロあった方が、充填時にエラーが少ないですよね(^_-)-☆

 

さて、29日の勉強会はこんな感じで治療中の動画を沢山出して、私がどんなところを気にして治療しているのか解説します。

徹夜会

9月29日21時~

@ほうじょう歯科医院

 

あと、発表してくれる先生も大募集しております。

10月の顕微鏡歯科学会も楽しみですね(^^♪

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る