上顎7番の根管治療で

投稿日:2014年8月28日

カテゴリ:院長ブログ

ちょっとレアなケースにであったので患者さんの許可貰って、お見せします。

hiro mae

術前です。

近心の6があったであろう辺りにサイナストラクトがあり、ブリッジを外して根管治療をした症例なんですが、根管長を測り、根管充填をしようとシーラーを入れて遠心頬側根を重点したら、近心の根尖付近にシーラーが見えまして・・・

hiroato

根充後のデンタルです。

MBとBDが完全に合流してたんですね・・・

たまに遭遇します。

サイナストラクトの痕に沿ってシーラー流れておりやす・・・まあ、問題ないと思います。

シーラーは、私は少し付けて、ポンピングして根管壁に擦り付けております。

根尖性歯周炎は、長期化すると、根尖孔外から、徐々に吸収されていくので、根尖は広くなっていきます。(前医が大きく広げていることもありますが)

そうすると、このようにシーラーパフと呼ばれる現象が起こります。

こういう場合、MTAで根尖を詰めるのが私のベストなのですが、この国の保険ではカバーされていません・・・

■ 他の記事を読む■

03-6262-3646