ファイバーコアのせいでパーフォレーションをしている歯のリペア

投稿日:2018年6月7日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

ファイバーコアとは・・・

グラスファイバーを用いて被せ物をかぶせるための支柱を作ること。

従来、メタルコアという銀のものが用いられてきたが歯肉が黒子なることや、歯が割れやすいなどのデメリットがあったた。

 

現在、ファイバーコアが入っている歯の再治療がひそかに問題になっています。

なにが問題化というとファイバーコア、歯と同じ色なので、除去の時に歯を削ってしまうことが多いのです。

本来の神経管からずれた方向に広がってますね。

このようなケース、非常に厄介。

マイクロがあっても難しいことが多いです。

さて、MTAで封鎖することで、正確な作業長を測定できます。

なのでパーフォレーションリペアは出来たら先に行い、その後通法通りの根管治療をすると良いですね。

パーフォレーションがあると、ルートZXがピーピーうるさくて作業長測れませんからね( ゚Д゚)

どうしても「マイクロもMTAもないが、MTAのシーラーならある」という先生はファイルに綿せんを巻き付けるとルートZXが使えるケースがあります。作業長を決定し、根管形成をしてMTAシーラーで根管充填してあげると運が良ければ治ります。

ただ無理しないで根管治療が得意な先生にやらせた方が、先生のためにもなるし、患者さんのためにもなります( ;∀;)

03-6262-3646