パーフォレーションリペア後3カ月

投稿日:2017年9月20日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療)

DB248126_170607113035(調整後)

正方線

DB248126_170607113114(調整後)

近心投影

わかりずらいですが

DB248126_170607113114(調整後)

ここがパーフォレーション(神経の管から逸脱して穴があいた)です。

何かが骨に刺さってますね

ここなんですが、通常の治療ではどこが穴あいてるのかすらわからず、治療にはマイクロが必須になります。

パーフォレーションはMTAという素材で埋めるのが現在のゴールドスタンダードなので、私も

BioMTAという製品で詰めました

DB248126_170920190208(調整後)

正方線

DB248126_170920190237(調整後)

近心投影

いやー、めっちゃ骨できましたね。

MTAはどこでもいっしょかと思って使っていたのですが、

モリタのMTAは使いやすいです。

滅菌精製水がデフォルトでついてくるのがいいです。

ただ、硬くなりだすのが早いんで、

『1/3くらい練ってもらって、充填して、デンタルで確認して気泡とかなければ残りを捨てる感じ』がいいですね。

導入した当時、いきなり全部練って、気泡がレントゲンに映ってたから詰めなおそうとしたら

残ったMTAが練板の上で硬くなっていた経験があります( ;∀;)

 

 

全然お話変わりますが、主婦の方で、「子育て落ち着いてきたから久々に働きたい」という、歯科助手経験者のかた(2年以上)募集中です!!

待遇などは応相談ですが、なるべく頑張ります( ;∀;)

 

03-6262-3646