オーバーした根充剤はどうなる・・・?|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

オーバーした根充剤はどうなる・・・?

投稿日:2015年8月22日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療)

DB6446_140507201114(調整後)

樋状根です。

このレントゲンだと解りにくいですが、病巣はすごく大きいです。

で、私が手を付ける前に、垂直加圧で、根充されていて、ホント、取りずらい。

で、苦戦せいていると

DB6447_140513211157(調整後)

どうやら、押し出してしまいました・・・

今なら、ここから無理して取るのですが、この治療をやった当時、「再植のほうがコンセンサスがとれているから再植します。」てな感じで、飛び出たのは無視して、根充しました。

DB6446_140821212416(調整後)

あれ、治ってない・・・?

 

パントモで比較すると

PBN64_140603211457(調整後)術後直後

PBN64_150820195009(調整後)術後1年

 

 再植、しなくて済んでよかったです(^^♪

 

飛び出したGPにバイオフィルムが付いていて治らないというのは多いと思いますが、再根管治療の原則は根管内の死腔に細菌が繁殖しているという現象を解決することですので、根管内を徹底して洗浄して、菌の繁殖するスペースを埋めてしまうという、基本を忠実に守っていると、一見、外科の適応になるかも・・・と思ってもなんとかなる事も多いです。

この飛び出たGP、歯根膜を伝って、ゆっくり排出されるんですね。

今後の経過が楽しみです。

 

トップへ戻る