上顎洞と病変が交通している上顎6番の歯根端切除術|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

上顎洞と病変が交通している上顎6番の歯根端切除術

近心投影

正方線

膿の出口が消えないとのことでご紹介いただいたケースです。

一生懸命頑張ったのですが、MB2は見つかりませんでした。

イスムスを超音波で追及したので、少し根管充填剤が入っているように見えます。

治るどころか腫れが酷くなってきてしまい、CTを撮影すると上顎洞(鼻の横の空洞)との境目の骨が消えてしまっておりました。

通常、このような症例では意図的再植と言って、一度抜歯し、感染源を除去してから植えなおすという治療を行います。

しかし、この症例は再々治療でして、歯が全く残っておらず、抜歯に耐えられないと判断しました。

難易度がかなり高くなってしまいましたが歯根端切除をトライすることにしました。

 

術直後。

術後半年

病変がなくなり、上顎洞の洞底もきれいに見えますね。

可能ならばこのような危険なオペは避けたいものですが、やむを得ないときもあります。

 

 

 

トップへ戻る