根の先が外部吸収している歯の根管治療|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

根の先が外部吸収している歯の根管治療

大きな病変があります。

このように

横に病変が広がっている歯は側枝という、神経管の分枝に感染していることがおおいです。

しかし、

残念ながら歯科医師はまっすぐしているところしかファイルという金属の棒でお掃除することが出来ません。

なので重要になってくるのが『根管洗浄』です。

根管洗浄は次亜塩素酸NaとEDTAという薬を交互に使用します。

さらに近年ではXPエンドという素晴らしいツールの開発により根管内の様々なデブリを剥がし洗浄するということが出来るようになってきました。

するとこんな感じで、側枝にもしっかり充填剤(MTA)が入ってくれます。

側枝といえど、外部吸収が進むとこんなに広がってしまうんですね。

綺麗に治ってくれましたね。

 

根管に感染がある場合、大多数の歯に外部吸収が起こります。

これは、ばい菌が歯を食べているわけでは無く、ばい菌が出す外毒素により炎症が起こり、炎症性の細胞が骨と歯を溶かしているんですね。

骨は歯よりだいぶ溶けやすいのでレントゲン上でも目に見えて吸収しますが歯は少しずつ溶けるので知らない先生も多いのではないでしょうか。

 

 

トップへ戻る