下顎臼歯部の歯根端切除術|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

下顎臼歯部の歯根端切除術

初診時。近心根に大きな病変を認めます。

分岐部まで病変が及んでいるため、パーフォレーションも疑われます。

作業長を決定。近心根はストリッピングパーフォレーションという、神経の管の内湾が削られ過ぎている状態でした。

BCシーラーを使い根管充填をしました。

その後、痛みが出てしまい、CT撮影。根尖に病変が残っております。

歯根端切除術で対応致しました。

術直後。

術後3カ月。

綺麗に治りました。

遠心根もCT上で病変があったため切りました。

 

歯根端切除を0にしたいというのは歯内療法医の悲願ですがどうしても0には出来ません。

80~90%の成功率というのは、マイクロスコープが無かった時代には考えられない事でしたが10%ちょっとの、治癒しない症例にいかに正確に対応するかが重要かと思います。

そのためにはCTとマイクロの併用が必須になります。

この症例は6番なのでまだいいですが、4番、5番のオトガイ神経は非常に怖いです。

外科的歯内療法の際には必ずCTを撮影することをお薦めします。

 

トップへ戻る