神経に近い大きい虫歯をコンポジットレジンで治療した症例|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

神経に近い大きい虫歯をコンポジットレジンで治療した症例

歯と歯の間に欠けている箇所があります。

このような症例、意外と深いところまで虫歯が及んでいることが多いです。

裏打ちが無いエナメル質を少しだけ削らせて頂き、虫歯にアクセスします。

神経まですれすれでした。

深かったので、少しずつ小さい力で削り、次亜塩素酸Naで消毒、

アクセルで中和します。虫歯は染色される範囲でちょっとずつ丁寧に削りますが、薬液と反応して発泡しているのを見ると脱灰された象牙質を一層きれいに出来ているような感覚がします。

充填後です。

どこが歯でどこがレジンなのか、患者さんもわからない感じに仕上げられました。

このような症例、神経を取って被せ物をかぶせる先生もおおいかと思います。

私も昔はそうでした。

しかし、根管治療は100%成功させるというのは無理な話です。(抜髄でも)

神経を触らずに治療出来るのであればその方が予知性は高いと言えます。

 

 

トップへ戻る