歯髄壊死してしまった歯の根管治療|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

歯髄壊死してしまった歯の根管治療

6番の近心から瘻孔(フィステルとか呼ばれるもの)を経由して排膿しておりました。

このようなケース、髄床底とよばれる場所が、神経が死んでいるため非常にわかりずらいです。

少しずつ削り、決して無茶しないのが成功の秘訣と考えています。

今回、ゲーツを入れるタイミングを質問される先生が多かったため、あえてゲーツを入れるまでのところの動画を作りました。

ゲーツの上手な使い方はプレゲーツという、ゲーツを入れる前の動きが大事だと考えています。

ゲーツは先端に削れない部分が設けてあり、そこのサイズが#30くらいです。

なので、NTファイルでそのくらいまで根管口を広げ、スムーズにゲーツが入るようにしてあります。

今回はゲーツはNI用エンジンで動かしましたが、通常のコントラでも構いません。

トップへ戻る