ラバーダム&マイクロスコープを用いたコンポジットレジン修復|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

ラバーダム&マイクロスコープを用いたコンポジットレジン修復

このような小臼歯の隣接面の虫歯は保険ではインレーになってしまいます。

コンポジットレジンで修復すると、隣接面がまっすぐになってしまい、汚れが挟まりやすくなってしまいます。

私はこのような症例はラバーダムとマイクロスコープ、Vリングを用いてコンポジットレジンで修復するようにしています。

虫歯はエナメル質に沿って広がります。マイクロスコープでゆっくり染め出しながら虫歯を除去します。

なれると充填だけでここまで自然に詰めることが可能になります。

コンポジットレジン修復に私は1時間かかります。

精度は自信がありますが、保険では現在行っておりません。

保険でラバーダム、マイクロスコープ、Vリングを使わないで治療すると、私でも酷い結果になることは目に見えているので、多めに削ることにはなりますが、インレー修復を選択することになります。

何を詰めるかではなく、どうやって詰めるかが重要ですので、今後、そのような治療にご理解のある患者さんが増えてくれると嬉しいです。

 

トップへ戻る