根管充填について|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

根管充填について

根管充填には大きく分けると垂直加圧充填と側方加圧充填という2つの方法があります。

米国の歯内療法専門医はほとんどの先生が垂直加圧を選択されています。

側方加圧充填で行う先生も勿論たくさんいますが、ある文献によると「側方加圧充填した歯は破折しやすい」というものがあり、なるべく垂直加圧で充填するべきなのかもしれないと言われています。(様々な議論がありますので、側方加圧を悪く言っているわけではありません。)

今回は沢山ある、垂直加圧充填の中から、最もメジャーなコンテニアスウェーブ法をご紹介いたします。

コンテニアスウェーブ法で誤解されているのが、この方法は湾曲の強い歯には向いてません。

垂直加圧の方が湾曲に対応しやすいと思われがちですが、これは方法次第です。

湾曲根管には他の方法を用いていますので後日ご紹介します。

トップへ戻る