大きな病変を有する歯の根管治療|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

大きな病変を有する歯の根管治療


大きな病変があります。

破折が無い限り、私は病変の大きさで根管治療を断念することはありません。

術後3年です。

全く問題なく、現在使えています。

根管治療は病変の大きさが治癒するかしないかに直結するとは限りません。

では、どのような場合抜歯になるかというと、根管治療後に治癒せず、歯根端切除を行っても治らない症例で再外科を行ったのに治癒しなかったケースがそれにあたります。(現在、まだそのようなケースに出会ったことはない)

さらに、仮に抜いてみて、感染源が特定できたらその部分をきれいにして、逆根管充填(MTA)を入れて、抜いた穴に戻す「意図的再植」に術式変更します。

根尖性歯周炎は抜歯の決め手には中々なりません。

破折や、骨の内側まで虫歯が進行している症例は抜歯するしかありませんが、それは根尖性歯周炎とは少し違う病気ですね。

トップへ戻る