根管治療(神経治療)

当院の根管治療の担当医は、自由診療の根管治療は院長が行い、保険診療の根管治療は勤務医となります。いずれもマイクロスコープを使用した根管治療ですが、治療内容に差がありますので、担当医の希望がある場合は予めお申し付け下さい。また、当院にて根管治療のみ行い、被せ物は他歯科医院にお任せするということはお断りさせて頂きますので、予めご了承ください。

  • 24時間ネット予約はこちら

  • メールによるお問い合わせ、ご相談はこちら

虫歯が神経まで達した場合の治療(根管治療)

根管治療歯に、大きな虫歯がある場合、原則として、症状が無ければ、神経の保存を試みますが、場合によっては、完全に神経まで虫歯が到達している場合、神経を取らなくてはいけないケースがあります。

実は、この神経を取るという治療が中々難しく、医科歯科大の2012年の報告で、成功率が50%以下で、半数以上が再治療が必要という結果が出ております。

なぜ、根管治療の成功率は50%以下なのか?

根管治療成功のために必要なこと

根管治療の成功率の低さにはラバーダムの不使用が主な原因と考えられております。また、マイクロスコープの不使用による、治療精度の低下も理由の1つと言われています。

ラバーダムを使用した根管治療

ラバーダム使用の根管治療ラバーダムとは、根管治療の際に、神経の管に菌が入らないようにする装置のことです。(右写真)

根管治療では、いかに、根管を無菌状態に清掃し、治療完了できるかが重要となりますので、治療対象となる歯のみ隔離された状態での治療体制が必要なのです。

当院では、保険、自費にかかわらず、患者さんが希望されない場合以外はラバーダム使用の根管治療を徹底しております。

マイクロスコープを使用した根管治療

マイクロスコープ根管治療マイクロスコープとは、歯科顕微鏡のことで、肉眼の20倍程度まで視野を拡大して患部を診ることができます。(マイクロスコープについて詳しくはマイクロスコープページをご覧下さい。)

神経のとおっている管(根管)は、暗く、狭く、湾曲しているため、肉眼だけに頼っていては、ほぼ見えません。カンに頼った治療になってしまうのです。。。

当院では、保険、自費にかかわらず、患者さんが希望されない場合以外はマイクロスコープ使用の根管治療を徹底しております。

当院では3台のマイクロスコープが稼働しております

マイクロスコープ3台導入

ほうじょう歯科医院新日本橋にはドクターが3名おりますので、どのドクターでもマイクロスコープが使用できるようにマイクロスコープが3台稼働しております。

3台マイクロスコープを導入している歯科医院は1%未満だとメーカーから聞いておりますが、当院はマイクロスコープを使用した精密治療が1番の特長ですし、なによりどんな治療も精密に行うことを理念としておりますので、できるだけ多くの患者様にマイクロスコープを使用して診療しております。

MTAによる歯髄保存(神経を抜かない治療)

MTA(Mineral Trioxide Aggregate)は、ケイ酸カルシウムなどを主成分にしたセメントで、96年ごろに発表されてから歯内療法の分野では世界中で多くの臨床家に支持されております。薬効としては骨の誘導、中期的に持続する抗菌作用が挙げられます。MTAの適応症例は幅が広く、下記3点あります。

①パーフォレーション(神経の管では無い場所に誤って穴が空いてしまった)の修復
②神経の保護
③外科的歯内療法の修復材の症例

①MTAによるパーフォレーションの治療例

mta

神経の管では無い、黒枠部分に誤って穴が空いてしまっていたケース。これは抜歯になる場合が多いですが、MTAで封鎖後根管充填を行い、抜歯を回避しました。

②MTAによる歯髄保護症例の治療例

mta

虫歯を除去すると神経が出てきたケースでも、MTAにて歯髄(神経)を保護し修復。神経を抜く治療は必要ありませんでした。

③MTAによる外科的歯内療法の治療例

mta

いわゆる歯根端切除術(外科的歯内療法) です。MTAの登場で、歯根端切除術の成功率は60%から95%まで上昇した。

他院で抜歯と言われた症例

mta

破折の為、抜歯と診断され、セカンドオピニオンにて来院。実際には割れていなかったため、大きく開いた根の先にMTAを詰め、治療できた。抜歯にならずに済んだ治療例です。

Q. MTAは保険で使えますか?

A.使えません。グラムで比較すると、ゴールドより高価な材料ですので、難しいと言えます。

Q. 全ての根管治療症例にMTAは使うべきですか?

A.MTAは操作が難しく、必要が無い場合は通常の根管充填材を入れる方が精密に治療できると言えます。適応症を見極めることが一番重要であると思われます。

Q. MTAを入れるデメリットはありますか

A.再治療がしにくいと言われていますが、当院ではそもそも、再治療=外科的歯内療法なので関係無いです。

Q. 自由診療の根管治療に、MTAの費用は含まれますか?

A.含まれます。上記でも記載しておりますが必要があるかどうか見極め、適応であれば使用します。

再発してしまった場合の根管治療

過去に神経を取った歯が痛くなった、膿が溜まっていると言われた歯の治療についてご説明します。(根管治療の再発についてのご説明)

マイクロスコープ上記に述べさせていただいた通り、神経を取った歯の半数以上がどこかのタイミングで再治療が必要になるケースがあります。

また、再治療は、神経を抜く時よりもさらに成功率が下がると言われています(一説には60%以下)。

インプラント治療の成功率が90%を超えた現在、そのような難症例は早めに抜歯して、インプラントへという風潮がありますが、私は、残せる可能性があるのならば、厳しくてもトライしたいと考えております。

また、再治療の場合、マイクロスコープが非常に有益になる場合が多いです。再治療を行った後、予後が悪い場合、外科処置で対処しなければいけませんが、この場合も、マイクロスコープはかなり重要になってきます。

レントゲンではわからない病変の発見にはCTが有効

根管治療とCT

これは一般的なレントゲンでは、まったく問題なく、痛みの原因が特定できなかった症例です。こういったケースではCTにて初めて原因がわかることがあります。レントゲン上で一番左上の歯は病変が確認できず、痛みの原因がわかりませんでした。CTで撮影してみると、大きな病変がわかります。このように、一般的なレントゲンで検出できなかった病変の診断にCTは大変有効となります。

根管治療の治療回数は、少ないほうが良いと言われる理由

根管治療の治療回数当院では、保険でもラバーダム、マイクロスコープを用いて根管治療を行っておりますので、成功率の高さには自信があります。

しかし、保険では回数がどうしてもかかってしまいます。仮の蓋はしっかりしているつもりでも、少しずつ取れていき、細菌の侵入を許すレベルまで至る可能性もあります。

回数を少なくすることは仮の蓋の期間を減らす事になるため、成功率を若干上昇させる可能性があります。

ニッケルチタンファイルを使用します

ファイル根管治療はファイルと呼ばれる、金属のこよりのようなもので神経の管をお掃除して、そこに次亜塩素酸ナトリウムなどの強力な消毒液で菌を殺していき、無菌化された神経の管を樹脂でパンパンに詰めて細菌が再び侵入しないようにすることで達成されます。

ファイルはステンレスで出来ているものと、ニッケルチタンで出来ているものがあり、用途によって使い分けがされています。

とくに、ニッケルチタンファイルは本来の根管に沿ってお掃除出来ることが知られており、ステンレスと違い余分に歯を削らないメリットがあるため、海外の歯内療法専門医は殆どの先生が使っています。日本では、ニッケルチタンファイルは高価なので殆ど使われておりません。

折れたファイルの除去

ニッケルチタンファイルやステンレスファイルは繰り返し使うことで何の前触れもなく折れることがあります。ファイルは折れてしまうと除去が難しく、出来る事ならファイルは破折させないで治療することが重要です。

折れてしまった部分は根管の中深くへ落ちてしまい取ることはおろか、目で確認できなくなってしまうため、マイクロスコープを使用していなければそのまま放置してしまうケースがほとんどです。

ファイル除去

こちらは、他医院で根管治療を行なった患者様が原因不明の出血があるとのことで来院され、調べてみると、根管の中に折れたファイルがそのままになっておりましたので、マイクロスコープで見ながらファイルを摘出し、根管治療のやり直しを行なった症例です。マイクロスコープがなければ難しいでしょう。

当院では、自費の根管治療の場合は新品ファイルを使用します

当医院では、自由診療の場合、常に新品のニッケルチタンファイルを使用しており(金属疲労による使用回数の限界が10回の製品を使用)、破折のリスクを極端に下げています。保険では、使用回数を遵守しますが、新品は使っておりません。上記の通り、ファイル破折のリスクがあることをご了承下さい。

自費と保険の根管治療の違い

自費と保険の根管治療の違い

自費と保険のコアの違い

  • ①メタルコア(保険)

    メタルコア日本の保険治療のスタンダード。外れにくい半面、歯根破折の原因になりやすい。歯茎が黒ずむメタルタトゥーの原因になる。アレルギーの原因にもなる。

  • ②レジンコア(保険)

    レジンコア(スクリューポスト)保険適応のコア。ネジを根管に咬ませて脱落を防止しているため、歯根破折が起こりやすい(スクリューポスト)。メタルタトゥーの原因にはあまりならない。

  • ③ファイバーコア(自費)

    ファイバーコア自由診療のコア。歯と同程度の硬さにする事で、歯根破折の防止になる。金属を使っていないため、メタルタトゥー、アレルギーのリスクがない。当院ではマイクロスコープ、ラバーダムを使用してファイバーコアをセットしている為、雑菌の侵入を防ぎ精密な治療を行っている。

  • 歯根破折は恐ろしい!!!

    歯根破折歯根破折は一般的に無症状です。しかし、割れ目から雑菌が体内に侵入し、骨をみるみる溶かします。原則、破折した歯は早く抜歯することが望ましいです。そうならない為にも、精度の高いファイバーコアは不可欠です。

日本橋で精度の高いマイクロスコープ根管治療をご希望の方へ

マイクロスコープ日本橋でマイクロスコープを使用した根管治療を行っている歯科医院は少ないです。

ほうじょう歯科 新日本橋では、マイクロスコープを使用した根管治療をご希望で、日本橋以外から来院される患者様も多数いらっしゃいます。

精度の高い、再発しにくい根管治療を、新日本橋駅1分、夜20時までという通いやすい環境で受診してください。

03-6262-3646