クリスマスですね(^^♪

投稿日:2015年12月24日

カテゴリ:院長ブログ

クリスマス・・・。

これをお読みになられている方も、酸いも甘いもいろんな思いでがあることでしょう。

 

こんなところで、過去のリア充自慢するのもいかがなものなので、私の人生で最も過激だったクリスマスのお話をしようと思います。

 

学生時代、私はホント、冴えない男でした。(今もか・・・)

 

そんな私にも、数少ない友達が居まして、

私と濃密に仲がいい=冴えない

という公式が見事にあてはまる2人と、その年のクリスマスを共に過ごすことに・・・。

M田「おう、今年のクリスマスはスロットいこうや~」

F江「いや、今年のクリスマスは朝までアニメだよ!!」

私「・・・。」

 

 

結局、間を取って、私の家で鍋をすることに(^_-)-☆

 学校を出る時に、クラスのイケてる風の人々が我々を小ばかにしながら

「おう、今日は君たち何してるのー?アニメかなー?あはは」

とか抜かしてくるので、思わず私は

「今日は、一生忘れられない思い出を作りに行きます。あなたたち凡人は合コンでも聖(性)なる夜でも楽しんできてください。」

という、狂気の発言を・・・( 一一)

ホントは仲間にしてもらいたいのに笑

 

そこで困ったのは友達2人です。

F江「どうすんだよ・・・。あいつらに後で何したのか聞かれたらやばいじゃん( ゚Д゚)アニメ見るつもりだったのに・・・」

M田「こうなったら、あれしかない・・・。俺に秘策がある」

M田は、普段温厚で、ぼーっとしてて、スロットの事しか頭にない男でした。

 

クリスマスに奇跡を起こしたM田の秘策とは一体・・・?

 

数時間後、家賃3万8千円の私のぼろアパートに集まるダメな3人。

それぞれの手には、スーパーの袋が。M田はハンディカムまで持っています

 

M田の秘策・・・

それは名付けて『聖なる闇鍋』ほんと、くだらないです。人として恥ずかしい。

 

 

土鍋にキムチ鍋のスープを入れて、各々が用意した食材を投入。

F江はフルーツポンチを入れます。さすがは凡人。さむい男です。

私はグアバ茶のティーバックを入れます。周りの紙と布を足して2で割ったような素材もよく噛んで食べるという自分的には中々な発想です。流石、若き日の院長。

 

そして、M田は・・・

 

ペットショップで購入したメダカを投入|д゚)

 

メダカが入った水はなんだか、薄いブルーで、絶対飲んじゃいけない色をしています。

 

M田曰く、メダカが病気にならないための薬が入っていて、人体には無害とのこと。(最近、養殖イワナで問題になったあの薬じゃないよな・・・?)

 

キムチ鍋にぷかぷか浮いているメダカは見た感じ、大ぶりのシラスで、なんだか美味しそうです。

 

お互いをけん制しつつ、やはり、箸はメダカを避けます。

私「ティーバック、全部食べるから、メダカパスしていい?」

M田「ダメに決まってるやん。ルールは守れよ」(ルールとは?笑)

 

意を決して、みんな、いっせいのせで、メダカを食すことに・・・。

 

人生初のメダカは、舌触りが非常に柔らかく、

その味は例えるなら、『川の底の泥』の味でした。

普段食べてる 魚って、ものすごくおいしいんだな~と実感。

ビデオには渋い顔をしながらメダカに舌鼓を打つ3人。もはや誰も何もしゃべれません。

 

無言でビデオの電源を切り、何も言わず帰っていくM田。

あー、そうだ、アニメ見なきゃ・・・と、ひとりごとをブツブツ言いながらF江も帰っていきます。

 

私は其のあとひとりで、鍋を片付けながら、来年こそはイケてるグループに入れてもらいたいと胸の中で決意するのでありました。

 

その日の夜、不思議な体験をするのですが、それはいつか書かせて頂きますね(^^♪

 

では、皆様、メリークリスマス!!

 

 

注意 私は動物愛護の観点から、この日のクリスマスを良くないことをしたと反省しております。ご気分を害された方に、深くお詫び申し上げます。フィクションだと思って流して頂けますと幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

03-6262-3646